• TOP >> 

日本には公営ギャンブルとして競馬の他に競艇・競輪・オートレースがあります。 パチンコ・パチスロも法律上はギャンブルには規定されていませんが、事実上はギャンブルのようなものです。 こういったギャンブルの中で、競馬は他のものと比べて少し異質な点が多いと感じる人も多いのではないのでしょうか。 それもそのはずで、競馬には他のギャンブルとは異なる点がいろいろとあるのです。 まず、人間以外の動物が結果に大きな影響を及ぼすという点です。 たとえば競艇ならばボートに乗ってレースを行うわけですが、このボートの性能に大きく影響を与えるプロペラは選手自体の手によって調整されます。

また、オートレースのバイクのエンジンも選手個々によって調整が行われます。 競輪に至っては自分の脚力が勝敗に大きく影響してくるわけで、人の技量というものがレースを左右します。 一方、競馬では競走馬の能力が最も勝敗を左右する要素になります。 もちろん、競走馬をコントロールする騎手の力量も大切な要素ですし、馬を調教して能力を高める調教師の働きも非常に大きなものです。 しかし、競走馬の潜在能力を一変してしまうようなことはありません。 こういったことから、人の力が介入できる部分が他のギャンブルより少ない競馬は、不確実性を多く含んでいるギャンブルだと言えます。 これは予想を的中させるのが難しいということを意味しますが、逆に当たりづらいことから高配当をゲットできるかもしれないということが魅力にもなっているのです。

また、競馬だけが持っているものに血統があります。 競馬はブラッド・スポーツと呼ばれるのように、競走成績の良い競走馬の血を代々掛け合わせて、競争能力の高い競走馬を生産してきました。 こういった歴史のつながりというのは他のギャンブルには一切ありません。 昔の名馬の血を受け継いでいるというロマンや、自分の好きな馬が種牡馬となってどんな活躍馬を出すのかといった期待など、時代のつながりが競馬というギャンブルをより魅力的なものとしているのです。 もう一つ、他のギャンブルに比べて女性ファンが多いというのも競馬の特徴です。 ギャンブルはどちらかと言うとダークなイメージがありますが、女性ファンや子どもでも安心して競馬場に行けるような環境づくりをしたことも理由の一つでしょう。
しかし、それ以上に競走馬を馬券の対象としてだけでなく、一種のキャラクターとしてみている女性が多いという背景があります。 これはオグリキャップやディープインパクトなど国民的な人気馬が登場するとぬいぐるみなどのキャラクターグッズがよく売れることでもよく分かります。 こういったアイドル的な人気というのは他のギャンブルでは考えられないことです。

なので、競馬をギャンブルとしてしか考えないでやっている人は他のギャンブルをオススメします。 競馬以外であれば、勝つか負けるかだけなので、100%お金を稼ぐことに集中できますし、大金が手に入るかも知れない期待に楽しさを見いだせるという考えも正しいと思います。 でも、競馬をやるのであれば、稼ぐのはおまけとして考えるぐらいがちょうどいいのです。 楽しめる競馬情報サイトを見ながら自分なりの予想をしている時間にお金はかかりません。 お金を一切かけないで楽しめる時点でギャンブルではないのです。 もし、競馬と陸上競技の違いを聞かれたのであれば、馬に乗っているかいないかの違いだと私は答えます。